グラミー賞4回ノミネート・トロンボーン/シェル奏者(ときにヴォーカリスト)、スタッフォード・ハンター(ニュージャージー州アトランティックシティーに生まれ、フィラデルフィアで育つ)は16歳でプロとしての活動を開始。その後『Al Grey (アル・グレイ) Award for Musical Excellence』を受賞。これにより「1993年度の最も将来有望なジャズトロンボーン奏者」として広く認められることになる。1994年、ニューヨークのニュー・スクール大学 (The New School) ジャズ&コンテンポラリー・ミュージック科を卒業。ニュー・スクール初のジャズ科トロンボーン奏者の卒業生となる。 

 

演奏活動の他に、L'Uomo Vogue (イタリアのメンズ向け ヴォーグ誌) の1992年12月号にモデルとして登場。この号では、ミルト・ヒントン、クラーク・テリー、ルイ・ベルソン等のジャズ界巨匠の特集を組んでいる。また偉大なピアニストであったドロシー・ドネガンのドキュメンタリー映画にも出演。2001年3月にフランスで公開された映画「ザ・デイ・ザ・ポニーズ・カム・バック」にも俳優として出演。また、エルトン・ジョンをフィーチャーしたダイエットコークのテレビCMにも出演している。

 

1993年、彼はアメリカ合衆国元大統領のビル・クリントンの就任式で演奏する。その後、演奏やレコーディング、また世界各地でのツアーを、イリノイ・ジャケット、マッコイ・タイナー、レスター・ボウイ&ブラスファンタジー、アブドゥラー・イブラヒム、チャーリー・パーシップ、チャールズ・トリバー、トニー・ベネット、ロイ・ハーグローヴ、ドナルド・バード・ダンス・トゥループ、キャブ・キャロウェイ・オーケストラ、ジョス・ストーン、オーリン・エヴァンス、ミンガス・ビッグバンド、ローリン・ヒル、フランク・フォスター、クラーク・テリー、レジー・ワークマン、秋吉敏子、ライオネル・ハンプトン・オーケストラ、ディオンヌ・ワーウィック、レニー・クラビッツ、M・エイブラムス、エイミー・ワインハウス、オリバー ・レイク、スティーブ・トゥーレ&サンクティファイド・シェルズ等と行う。また1998 年よりポール・マーサー・エリントン率いるデューク・エリントン・オーケストラ等の楽団に所属する傍ら、フリーランサーとしてもめざましい活躍をしている。

 

 

スタッフォードは現在もデューク・エリントン・オーケストラの一員として活躍する一方、自身のバンド、またオーリン・エヴァンス率いるキャプテン・ブラック・ビッグ・バンドなど様々なグループによる米国、南米、ヨーロッパ、アジアでの演奏活動を精力的に続けている。さらに日本、ロシア、ヨーロッパなど世界各地の高校や大学で、マスタークラスや講義、コンサートへの特別ゲスト出演、また個人レッスンを行っている。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now